島村楽器 名古屋パルコ店 シマブロ

島村楽器 名古屋パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

MOOG×Arturia 魅惑のセミモジュラーシンセサイザーセミナー7月28日開催決定!

MOOG×Arturia 魅惑のセミモジュラーシンセサイザーセミナー7月28日開催決定!

f:id:shima_c_nagoya:20180606124831j:plain

こんにちは!
名古屋パルコ店のデジタル商品担当:立浦です!

ここ数年でジワジワと盛り上がりを見せているアナログシンセやモジュラーシンセ。
通常のデジタルシンセサイザーやパソコンなどで使うソフトシンセサイザーと大きく異なり、その見た目とオンリーワンな音作りや偶発的で創造的な演奏が出来ることから人気となりつつあります。

今回はそんなアナログシンセとモジュラーシンセの双方の良さを併せ持ち、高価過ぎない価格で本格的で独創的なサウンドを得ることが出来るセミモジュラーシンセサイザーの魅力をご紹介するイベントを開催する運びはとなりましたので、ご報告申し上げます!!

今回は数あるシンセサイザーメーカーの中でも、特に人気かつ注目度の高いアメリカMoogとフランスArturiaの製品をフィーチャー!!
プロアーティストYasushi.K氏をお招きし、両社のアナログ・セミモジュラーシンセサイザーの魅力や製品の使い方、プロ音作りの手法を分かりやすくご紹介いたします!

シンセサイザーやってみたいけど、なんだか難しそう…」
「初心者だからイベントに参加しても話についていけないかも…」

とご興味はあるけれどイベントご参加に躊躇されている方、そんなことは御座いませんよ!
どなた様にも分かりやすく取っつき易い内容で進行する予定ですので、ご安心ください!

イベント中に質疑応答や、実際にシンセサイザーをご参加者の方にも触ってご体感頂けるようご準備も致します!
是非皆様のご参加お待ちしております★
Let's シンセサイザーライフ♪

是非下記よりご予約下さい!

日時詳細
開催日程 2018年7月28日(土)
開催時間 13:00~15:00
開催場所 当店Aスタジオ内にて
参加費 無料


https://docs.google.com/a/shimamura.co.jp/forms/d/e/1FAIpQLSenwjN3kSbVTbN06Pl8C3jv6xV1gnlv6F_NO49lMtKQQTawZw/viewform


アーティストプロフィール

f:id:shima_c_nagoya:20180606130246j:plain

Yasushi.K 氏

80年代に誰もが夢見た明るい未来像に強い影響を受けてしまった1977年生まれ。
3才で偶然アナログシンセを入手し、以後独学で音楽制作を始め、高校卒業後上京。
アイドルやアニメ製品等、各方面への楽曲提供、サウンド・プロディースやシンセサイザー等の製品プリセット音色制作等を行いながらテクノポップ・ユニット“プラムソニック”で活躍中。音以外にもアーティストや楽器・製品のPV等の映像作品制作や写真撮影等も行っている


お問い合わせ

店舗 島村楽器
電話番号 052-264-8316
担当 立浦

5月27日(日)堀雅貴氏によるスペシャルコンサートレポート♪♪

本日は、5月27日に開催されました、堀雅貴氏によるマンドリンスペシャルコンサートの模様を掲載致します!!
5月25日~5月27日、第3回カラーチェマンドリンフェスタのメインイベントで、満員のお客様にお越し頂きました!

堀雅貴氏は東京出身のマンドリニストで、本場イタリアで開かれた、第10回ラファエレ・カラーチェ国際マンドリン独奏コンクールにて第1位を獲得された日本を代表する実力派マンドリニストです!

マンドリン独奏以外にも、マンドリンアンサンブル“Euphoria(ユーフォリア)”主宰、フュージョンバンド“Mandolix(マンドリックス)”での活動やコンサートシリーズ“Il Mandolino Giapponese”など精力的に活動されています!

世界一のマンドリン演奏を目の前で聴けるとは…感激です!

演奏会の曲目は、映画音楽やポピュラー曲など有名な曲を中心に、マンドリンからマンドラ、マンドセロすべてを一度に聞くことができ、マンドリンをご存じない方でもお楽しみいただけるような内容でした!

それではコンサートの始まりです♪♪

f:id:shima_c_nagoya:20180530175800j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180530175833j:plain

一曲目
少年時代/井上陽水
f:id:shima_c_nagoya:20180530175957j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180530180009j:plain
「夏が近づいてきて熱くなってまいりましたので、夏らしい曲を…」堀さんの軽快なトークで始まった1曲目は、言わずと知れた「少年時代」でした。

マンドリンで紡ぎだされる一音一音が夏らしい歌詞とともに、懐かしく澄み渡るような美しい一曲でした。
使用したマンドリンはカラーチェマンドリンの16bisモデル。
カラッと明るい音色が曲と素晴らしくマッチしていました。

二曲目
映画 「海の上のピアニスト」より
f:id:shima_c_nagoya:20180530180303j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180530180316j:plain
豪華客船の中で生まれ、生涯船を降りることのなかったピアニストを描いたイタリア映画の劇中曲。メドレーで2曲を演奏し、間奏部で楽器を持ち替え聞き比べるという印象深い内容でした。

弾き比べたのはカラーチェマンドリン最上位機種のクラシコAスペシャル、通常モデルと最新のオールセラック塗装モデルです。
ラッカー塗装の歯切れのよい軽快な音色と、セラック塗装の深く趣のある音色の違いが一度に聞き比べられました!
楽器の個体によって塗装との相性も違ってくる、との堀さんの言葉にお客様も興味津々でした。

三曲目
無伴奏チェロ組曲/J.S.バッハ
f:id:shima_c_nagoya:20180530180719j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180530180746j:plain
クラシックの名曲、バッハの無伴奏チェロ組曲をマンドセロで演奏しました!

チェロの弓弾きとは異なり、マンドセロのピッキング、その音の粒立ちがまるで宝石のように美しくクラシックの歴史を感じる素晴らしい演奏でした!
マンドセロはなんと堀さんご自身がお使いのクラシコAマンドセロをお持ちいただきました!
弾きこまれたクラシコAはより趣深い音色を奏でていました。

四曲目
黄昏のビギン
f:id:shima_c_nagoya:20180530180940j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180530180951j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180530181003j:plain
懐メロ、黄昏のビギン、マンドラ2本を持ち替えて演奏されました!

弾き比べのマンドラは、クラシコAのラッカーとオールセラック、No.24とNo.26を二部で弾き分けました。
ここまで1本ごとに違いがあるのかと、その個体ごとの違いにも驚かされました。
演奏会に視聴した楽器はすべて、前日の点検会にて調整をしていただきました!

五曲目
見上げてごらん夜の星を/坂本九
f:id:shima_c_nagoya:20180530181119j:plain

日本の名曲、見上げてごらん夜の星をマンドリンの紡ぎだすトレモロピッキングがh氏の瞬きのようで非常に感動しました。

この曲は、3つのフレーズごとにピックを持ち替えての弾き比べでした。
ナイロンピック、べっ甲ピック、ポリアセタールピック。
ピックを変えるだけで全く異なった音色に変化し、皆様もとても驚かれていました!
演奏楽器は、展示楽器の中でも特にいいとご評価いただいた、限定品Calaceマンドリン16bis杉。
甘い音色が高音から低音までバランスよく響く1本でした!

六曲目
サンバのレシピ
f:id:shima_c_nagoya:20180530181128j:plain
最後の曲はマンドリン16bis杉を使用してのサンバのリズムです。

夏らしい軽快な曲にお客様も体を揺らしてノリノリでした!
明るい曲調に乗せて繰り出される堀さんの超絶技巧はさすがの一言でした!
世界一の実力を間近で見れて感激しました!

今回の演奏会は堀さんの演奏だけではなく、素材、塗装、個体、演奏道具など様々な要素を1度に聴き分けられるコンサートでした。
テクニックや技術の面のみならず楽器やピックなどの道具を変えることによって演奏がよりよくなると実感いたしました!
さらにマンドラ、マンドセロの演奏を始めて聴く事が出来ました!
ふくよかな音色はマンドリンとはまた違った素晴らしい音色でした!
f:id:shima_c_nagoya:20180530181520j:plain
演奏を聴いたお客様から「1本づつの聴き比べをプロの演奏で体験できるとは!」、
「世界一のマンドリンを目の前で見ることができて感動しました!」、
「はやく練習したい!」などうれしいお声をたくさんいただきました!

終演後も堀さん自ら楽器購入のアドバイスなどをしていただき、お客様も大変お喜びでした。
今回のフェアでは、前回よりもさらにマンドリンのみならずマンドラ、マンドセロの魅力までも知ることが出来ました!
各楽器それぞれの音色の違い、表現にも驚かされました!
さらに、塗装や材料などの違いによって表情を変えるカラーチェマンドリンの魅力も再確認できました!

島村楽器名古屋パルコ店では、今後もマンドリンの取り扱いに力を入れていく予定です。
次のフェアではどんなイベントがあるのでしょうか…!
次回のマンドリンフェアを是非お楽しみに!

堀 雅貴氏プロフィール
f:id:shima_c_nagoya:20180330131220j:plain
マンドリンを久保田孝・Juan-Carlos Muñoz各氏に、指揮法・和声学を久保田孝氏に師事。
ジャズ理論・即興演奏を大高清美氏に師事。
平成23年文化庁新進芸術家海外研修員。
2014年 第10回ラファエレ・カラーチェ国際マンドリン独奏コンクール第1位。
国内外の音楽祭・コンサートにソリストとして出演。
主宰マンドリンアンサンブル「EUPHORIA」では指揮・作編曲を手がける。
フュージョンバンド「Mandolicks」のライブ活動や、
プロデューサーとしてコンサートシリーズ「Il Mandolino Giapponese」を主催。

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!VOL44

皆さんこんにちは!
今回のブログは先週5/20に開催いたしましたイベントレポートをお届け致します!

f:id:shima_c_nagoya:20180412183957p:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180526192316j:plain
福田洋也ギターサウンドセミナーアコースティックギター編!

プロの生演奏と機材のへの拘りなどとても濃いイベントになりました!

洋也さんリハーサル中の様子
f:id:shima_c_nagoya:20180526133508j:plain
カメラ目線のわが師匠のルシアー駒木このイベントの重要人物です。
f:id:shima_c_nagoya:20180526133527j:plain
エレキのリハーサル、今回はエレキギターも演奏して頂きました!
f:id:shima_c_nagoya:20180526133905j:plain
リハーサル中もワクワクが止まりません!
そしてイベントスタート!
f:id:shima_c_nagoya:20180526143037j:plain
今回はロックギタリストが弾くアコースティックギターがテーマで
普段感じる事のないロック魂を感じるギタープレイが素晴らしかったです!!

心地よい静かなメロディーや激しい爆発的なサウンド等ビシビシとサウンドの力を感じました!
惚れ惚れします。
f:id:shima_c_nagoya:20180526134544j:plain
実はイベント前にギターをメンテナンスさせて頂いたのですが、見た事のない傷のつき方をしていて
一体どうしたらこうなるのか?と考えておりましたがプレイを見て納得

f:id:shima_c_nagoya:20180526135048j:plainf:id:shima_c_nagoya:20180526135054j:plain

f:id:shima_c_nagoya:20180526134555j:plain
疑問は解決!メロディーを奏でながらパーカッシブにボディーを使ってリズムを刻んでプレイされていました!
また、ルーパーも使用しながら広がりのあるサウンドを演出されていましたよ!
f:id:shima_c_nagoya:20180526184637j:plain
この様なプレイが生で見られるのは最高ですねカッコいい!!
f:id:shima_c_nagoya:20180526143238j:plain
洋也さんのアコーステックギターの拘りも語って頂きました!
このイベントのもう一つの見どころがコチラ⇩
f:id:shima_c_nagoya:20180526140427j:plain
洋也さんとルシアー駒木トークです!
f:id:shima_c_nagoya:20180526142805j:plain
時折瀧口もトークに加わりみんなこの笑顔でイベントは進みます
f:id:shima_c_nagoya:20180526182815j:plain

イベントでも使用して頂いた、洋也さんに現在メインとして使用して頂いている
f:id:shima_c_nagoya:20180526142126j:plain
「ヒストリー NT-S3」ですが
使用して頂くまでの経緯やこのギターのカスタムポイントなどを事細かに語って頂きました!
そしてもう一つのスペシャル内容で店頭の「ヒストリー NT-S3」をより良いバランスにすべく、ルシアー駒木にブレイシングをライブ調整してもらいました
f:id:shima_c_nagoya:20180526141143j:plain
状態をタッピングチェックし・・・・
f:id:shima_c_nagoya:20180526141151j:plain
そしてにこやかにブレイシングを削っています!!
普通は生で見られないですよね!
f:id:shima_c_nagoya:20180526141414j:plain
調整完了後に洋也さんにサウンドチェックをして頂きました!
調整前よりクリアーで各のバランスが良くなりました!
元々良い音でしたがさらに洗練された印象です、凄い!

当然洋也さんのメインギターも同様に調整されています。
二人の信頼関係と技術が作り上げた最高のギター(相棒)になっています!

そしてイベントも佳境を迎え最後のセクションエレキギターの演奏です!
f:id:shima_c_nagoya:20180526183734j:plain
カッコいい!!
素晴らしいトーンとプレイでノックアウトされてしまいました!

エレキギターはCOMBAT GUITARS製のシグネイチャーモデルを使用して頂きました。
f:id:shima_c_nagoya:20180526184002j:plain
ボディー厚や重量等こちらも拘りの詰まった素晴らしいギターです!
f:id:shima_c_nagoya:20180526184113j:plain
コチラはエフェクトボードになります!
COMBAT GUITARSの歪みをメインに使用されています。

最後に参加者の方からの質問コーナーです
事前アンケートに答えて頂いた方のご質問にお答えいただきました!

f:id:shima_c_nagoya:20180526192934j:plain

練習法やピックスクラッチの裏技などズバッと親身にお答えいただきました!
プロに直接聞くことが出来るのはやはりイベントならではです!
非常に内容の濃い素晴らしいイベントでした!

最後に参加者の方々と一枚!
f:id:shima_c_nagoya:20180526185721j:plain
みなさまご参加誠に有難うございます!

f:id:shima_c_nagoya:20180526185801j:plain
洋也さん素晴らしいイベント誠に有難うございました!

イベントでカスタムした「ヒストリー NT-S3」は
店頭で販売中です!
最高なサウンドになっています!
触って頂ければ大興奮間違い無しです!!
是非この機会を逃すことなく店頭にてお試し下さい。

ギターのご試奏やお問い合わせなど御座いましたらリペアマン瀧口までお尋ねください

店舗 名古屋パルコ店
電話番号 052-264-8316
担当 瀧口

アンプ&キャビネット&エフェクターご選定のご様子をご紹介!防音ルームでの楽器ご選定、ご予約受付中です!

アンプ&キャビネットエフェクターご選定のご様子をご紹介!防音ルームでの楽器ご選定、ご予約受付中です!

こんにちは、名古屋パルコ店の立浦です。
当店ではギターやベースなどのバンド楽器、シンセサイザーDJ,DTMなど多数のデジタル楽器、はたまたピアノや管楽器など様々な楽器をを取り扱っており、日々お客様の商品選びに立ち会わせて頂いております。
本日は、エレキギターやベースなどの楽器に必須でもあり音色の要でもある“アンプ”“キャビネット”そして“エフェクター”をお客様にご選定頂いたご様子をご紹介いたします♪

今回選定した機種たち

f:id:shima_c_nagoya:20180526151902j:plain

今回、選定対象となったのは下記の機種たち。

アンプ
・Positive Grid /Bias Mini Guitar

【キャビネット
・Phile Jones Bass C4Lite

エフェクター
・infinitie Jets HOLOGRAM

今回は以前のような対象機種たちの比較と異なり、お客様からご要望を頂いた各機種を集めて音色や組み合わせを検証・ご選定する形となりました。

選定のご様子

f:id:shima_c_nagoya:20180526151918j:plain

ご希望を頂いたのは前回もご利用いただいたメディアアート系の大学にご在籍され、長年音楽に携わっていらっしゃるY様です!
今回はご自身のギターを2本もお持ち込みいただきじっくりとご選定頂きました。

f:id:shima_c_nagoya:20180526151930j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180526151940j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20180526151934j:plain

ちなみに上記がY様のギター。
1本目は渋谷のジャズギター専門店ウォーキンさんが手掛け、カートローゼンウィンケル氏や渡辺香津美氏、小沼ようすけ氏などの一流ギタリストに寵愛されるWestville Guitarのセミアコ!Y様のメインギターとのことです。
Y様のご厚意で担当も少しだけ弾かせて頂いたのですが、触った瞬間に“あ、良いものだ!”と分かる魔力を秘めた竿でした…!
2本目はSadowsky NYCの初期シリアルストラト

f:id:shima_c_nagoya:20180526151956j:plain

なんとY様はこのストラトを改造し、RolandギターシンセGKシステムをボディに組み込んでしまっているそうです!
もうこの2本だけでY様がいかに拘り派の音楽人かが分かりますね!

さてさて、選定機材に話を戻しまして。

まずはPositive Grid Bias Mini Guitar、5月20日に発売したばかりの話題のモデリングアンプ
既に発売され、多くのギタリストたちに絶賛されている同社Bias Amp/Bias Rackを更にコンパクトかつ軽量にした期待の機種です。


f:id:shima_c_nagoya:20180526152012j:plain

片手でラクラク持てるサイズ感。
2.3kg以下の超軽量な筐体、なのに300WのClass Dパワーアンプを搭載しており、即戦力的に使用できる驚異のアンプです。

f:id:shima_c_nagoya:20180526152040j:plain

他のBiasシリーズ同様、iPadのアプリで操作出来る次世代仕様。
Y様は現在Fractal Audio のAXE-FX MK2をご所有されていらっしゃるのですが、クリーンチャンネルしか使わないことや運搬が多いので全体的にシステムを軽量化されたいとのことで今回のBias Mini Guitarをお考えだったとのことで、今回のご選定依頼を頂きました。

f:id:shima_c_nagoya:20180526152102j:plain

続いてはキャビネット
国内代理店のJES international様にご協力いただきPhile Jones Bassからリリースされている高品質なのに軽量なC4Liteをご選定用にご用意しました。
同社からリリースされている人気キャビネットC4をベースにネオジウム・マグネットを採用した5インチのNeo Powerスピーカーを4基搭載。
立体感がありワイドレンジなサウンドなのに重量9.9kgという軽量さを実現したモデル。許容入力も400Wあり、上記のBias Mini Guitarとの組み合わせもばっちりですね♪

「あれ?Phile Jones BassのC4Liteってベースアンプ用のキャビなのでは?」
と思われたそこのあなた!
実はそこが今回の拘りポイント!!

PJBのアンプやキャビネットは、そのレンジの広さとアコースティックな鳴りの良さからジャズギタリストやアコースティックギターアンプを通して鳴らして演奏する人の中では結構愛用している人がいらっしゃるのです。
Y様も以前、別のギタリストがPJBのキャビネットで演奏しているサウンドの鳴りの良さに驚かれ、気になっていらっしゃったそうで今回そのPJBの中でも“アコースティックな鳴り”“軽さ”に定評のあるC4Liteのご選定依頼を頂きました。

f:id:shima_c_nagoya:20180526152117j:plain

そしてラストはHOLOGRAM社のInfinitie Jets Resynthesizer!!
…このペダルを知っている方は相当な機材マニアです!(笑

これが本製品の動画。
…ワクワクしてきませんか?演奏・入力された音声信号をトラッキング、サンプリングし独自のアルゴリズムで再構築する新感覚のペダルです!
レディオヘッドエド・オブライエンも絶賛する隠れた名機です。

f:id:shima_c_nagoya:20180526152136j:plain

それぞれをセットアップして、じっくりとご選定頂きました。

まずはBias Mini Guitarの出力にびっくり!!
こんなに小さな筐体なのに、あり得ないぐら太いサウンド!
Bias HEADやRACKが8Ω600Wに対し、こちらは300Wとなりますが正直十分すぎるほどの出力。
音色も上記の機種たちとなんら遜色は御座いません。

f:id:shima_c_nagoya:20180526152216j:plain

キャビネットについては当店に在庫していたヒュース&ケトナーのHUK-TM112も一緒に持ち込んでチェック!
歪ませるとヒュース&ケトナーのHUK-TM112のほうにキレがあり軍配が上がりますが…クリーンで比較すると、PJB C4Liteの方が圧倒的に低域がふくよかで全体的に暖かいサウンドで素晴らしいです!
うむむ、これは違いが明確です!

f:id:shima_c_nagoya:20180526152326j:plain

HOLOGRAM Infinitie Jetsもチェック!
ミュージシャンに新しい選択肢を与えることを目標に今までにないペダルを作っているHOLOGRAM社。
このInfinitie Jetsは 4種類のサンプリングエフェクト(Blur, Synth, Glitch, Swell )を擁し、個々の音符やコードをサンプリングし、サンプリングとインフィニットサステインの2つの独 立したチャンネルを使用して新しい音として再解釈するという、エフェクターというよりはシンセサイザー的なペダル。
大変ユニークなペダルなのですが、解説しだすととても長くなるので今回は割愛!(笑)

Y様も「異次元過ぎて使い方がまだ全然わからないけど、面白過ぎるよこのペダル!!」とお楽しみのようでした♪


選定開始からあっという間に約4時間。
結果…。

ご選定頂いた製品すべてをご購入頂きました!いつも本当に有難うございます!!

如何でしたでしょうか?
簡単にでは御座いますが、お客様にご協力頂きご選定の様子をご紹介させて頂きました。
当店ではこういった形で、デジタル機材ご選定が可能でございます。

「高い機材だからこそ、しっかり比べて自分の納得出来る買い物をしたい」
「店舗に置いていない商品だけど、購入前に実際に比較してみたい」
「各機種の違いを体感したい」

そんなご要望にしっかりお応え致します!
当店ならきっと気に入って頂ける機材が見つかるはず!
是非皆様の機材探しのお手伝いをさせて下さい☆

f:id:shima_c_nagoya:20180411123025j:plain

当店にはハイエンドなデジタル製品を選定可能な、専用の防音室も完備しておりますので今回のようなオーディオインターフェイスはもちろん、マイクロフォンやモニタースピーカーDAW製品などもご選定可能です!
気になる機材をしっかり選びたい方、是非当店デジタル担当の私、立浦までご相談ください!!
お電話やメールなどでも随時お受付しております!

※防音室をご利用の際は必ず事前にご予約をお願い致します。

メーカー・機種によっては選定をお受けできない商品も御座います。選定したい製品がお決まりの際は一度ご相談下さい。

過去のご選定の様子

nagoya.shimablo.com

nagoya.shimablo.com

この記事の投稿スタッフ

f:id:shima_c_nagoya:20180411123235j:plain

投稿者 立浦
プロフィール 高校1年からエレキギターをはじめ、大学卒業まで月のアルバイト代の殆どをバンド活動、それに伴う機材に費やしてきた人柱。これまでに買ったギターやベースなどの竿ものは15本以上、エフェクターに関しては30台を超えてからは数えていません…その他にもシンセ、アンプDTMソフトetc...一体いくら使ったのか、分かりません。でも、でもね!自分で買ってきたからこそ、商品の使い方はもちろん、良いところも悪いところもなんでもご提案出来る自信がありますよ!当店ではそんな経験を生かしてアンプエフェクターシンセサイザーPADTMDJなど、幅広く担当しております。貴方にピッタリな楽器、是非一緒に探させてください!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 名古屋パルコ店
担当 立浦(たてうら)
電話番号 [t!052-264-8316!t]

お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

代引きでの着払いも可能です

代引き着払いでのお支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。
[!商品代金+代引き手数料+送料=合計金額!] ]]商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。
[#top:title=このページのTOPに戻る]

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.