読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 名古屋パルコ店 シマブロ

島村楽器 名古屋パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!

お知らせ・その他

こんにちは!

名古屋パルコ店リペアマン瀧口です。

花粉症の私は、そろそろくしゃみ連発の日々がやってきます。

早めに対策して乗り切ろうと思います!

皆さんも十分花粉対策してこの季節を乗り切りましょう!

では早速今回も、リペアマン瀧口のブログスタート!

アコースティックギターサドル

アコースティックギターのブリッジに装着されているパーツですね。

このパーツの素材を変えたり高さを変えたりして弾き心地やサウンドを変える事が出来ます!

今回はサドル交換での特殊なケースをご紹介します。

1

こちら!

オクターブ調整サドルです、素材は牛骨で製作しました。

厚みがあり、オクターブ調整も通常のサドルよりも正確に設定出来ます。

このサドルは約6.5mmほどの厚みがあり存在感抜群です!

元々のサドルはJ-45のアジャスタブルタイプでした、

これを固定式の牛骨サドルに交換しました。

2

左が製作したサドル、右が元のアジャスタブルサドルです。

3

オリジナルの一直線なブリッジ上部に対して、オクターブ調整したサドルの上部。

コードプレイやソロプレイもバッチリ気持ちよくプレイ出来ます!

スペアにこのようなサドルを持つのもお勧めです!

今回のサドルは通常のサドル材では製作できるサイズが無く牛骨自体を加工しました。

4

牛骨から切り取った一部。

全体の牛骨はこんな感じです、比較の為に9V電池を置いてみました。

5

かなり立派な牛骨ですね。

6

真ん中の質の良い部分を今回は使用しました!

牛骨のサドルやナットはこの様な材から加工されているのですね。

貴重な材ですから、残りも大切に使用します。

これにて、今回のブログは終了です。

最後までお付き合いありがとうございました!

アコースティックギターメンテナンスや改造のご相談お待ちしております!

調整のやり方がわからない

いじってしまって分からなくなった

そんな時は是非、リペアマン瀧口にご相談ください!

また、メンテナンスのご相談も行っております

皆様の愛器を末永く使っていただくにはチェック、メンテナンスは必ず必要です、是非ご相談下さい!

リペアマンブログは毎月23日に更新しますので是非お楽しみに

名古屋パルコ店 リペアマン 瀧口

店舗名|島村楽器名古屋パルコ店|

電話番号 052-264-8316
出勤時間 火曜・水曜以外の11:30-20:00
リペア担当 瀧口 嗣夫

このページのトップにもどる

  

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.