読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 名古屋パルコ店 シマブロ

島村楽器 名古屋パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Sugiギター工房に店長平野がまたまたお伺いいたしました。

f:id:shima_c_nagoya:20160929111856j:plain
長野県松本にあるSugiギター工房さんに名古屋からJR「しなの」号に乗ってお伺いいたしました!
f:id:shima_c_nagoya:20160929111850j:plain

今回は現在企画中の打ち合わせを中心に工房にお伺いいたしました。
先ずは、今回メインテーマのある企画のコンセプトに合わせて仕様を決めていきます。
巨匠杉本さんと敏腕営業マンの丸野内さんとの3人でアイデアを出していきます。
f:id:shima_c_nagoya:20160929105511j:plain
杉本さん曰く『絵画を書いてるのと同じようだね』とデザイナーである杉本さんの
イメージを膨らませながら、コンセプトにあった素晴らしい仕様が決定。
こちらの詳細はまた後日。

また、今回はお客様よりオーダー相談を受けているモデルの木材も一緒に選定させて頂きました。

f:id:shima_c_nagoya:20160929105522j:plain
どれも極上の材ばかり、その中からイメージに近いモデルを選んで参りました。
f:id:shima_c_nagoya:20160929105518j:plain

今回の打ち合わせで杉本さんが、
Sugiブランドを将来ヴィンテージと呼ばれるギターににしていきたい』
と仰っておられました。市場に支持されて長く続けていかなければならないと仰っていおられました。
私達の仕事の理念にも通じる、熱い想いでした。
もちろん市場のニーズに応えることは必要ですが、
『ただ根っこにあるものは、変えずに続けていく。』
『何やりたいかだよね!』イデアが尽きることない職人の飽くなき探求心を目の当たりにしました。
『ないものは、つくればいいんだよね!』杉本さんのこの言葉には、私もつくづくそう思っておりますが、
f:id:shima_c_nagoya:20160929105514j:plain
やはりそのイメージを形にできることが凄いことですね。
Made in Japanにこだわっていきたい、
名古屋パルコ店でも好評のUSA製のレインメーカーシリーズもありますが、
やはり国産で勝負していきたい、そんな意気込みを感じました。

杉本さんの構想中の木材、モデルのお話もお伺いし、これは凄いモデルになりますよ。
f:id:shima_c_nagoya:20160929105526j:plain
こちらはしばらくしたら発表されるかもしれません。
お楽しみに!


また、メディアにもたくさん取り上げられて、最近も、某テレビ局からの取材や雑誌の
取材も入っており、引っ張りだこな状況です。音楽雑誌ではなく、
ファッション雑誌に取り上げられているのは、流石です。
f:id:shima_c_nagoya:20160929105507j:plain
楽器という範疇を越えた、ライフスタイルアイテムになっていることを実感いたしました。

また、ラジオでもG.E.N.(Gakki Engine of Nippon)という国産ギターブランド
職人集団の宣伝もされており、
11月の楽器フェアでは新たな提案も出てくるようです。そちらもお楽しみに。
www.genippon.com



今回の熱い打ち合わせはあっという間に約4時間が過ぎ、イメージを形にできる
プロフェッショナルな方達とお仕事ができて最高です。

まだまだ、書ききれないこともありますが、
オーダーしてみたい方や、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
f:id:shima_c_nagoya:20160929105530j:plain

杉本さんから『いつも、いいタイミングで来るね~』と嬉しいお言葉を頂き、
全開訪問させて頂いた時は、マッカーサーエボニーの極上モデルをオーダーし、ユーザー様に、
即ご注文頂きました。今回は、材の最終仕上げ次第ですが、最高なモデルができる予感。
気になる方は、是非店頭までご来店くださいませ。

帰りの「しなの」号は中津川あたりで大雨の為2時間ほど遅れて名古屋に到着いたしました。
出来上がりは、もうちょっと先ですが、ワクワク感しかない極上NB5オーダーモデル!!
是非、お楽しみに!!

今回の企画のモデルは近々また発表いたします!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.