島村楽器 名古屋パルコ店 シマブロ

島村楽器 名古屋パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

管楽器プレーヤなら一度は気になってるはず!・・・《7月14日(金)》ウインドシンセサイザー体験セミナー開催!!【管楽器フェスタ2017名古屋イベント通信 vol.2】

f:id:shima_c_nagoya:20170606114715j:plain

説明するとき『あの~あれ!F1の曲で使ってるヤツ』って言いません?

どうもみなさんこんにちは!名古屋茶屋店店長兼管楽器フェスタ名古屋会場担当の宇野です。
毎回管楽器フェスタの名古屋会場で管楽器のウンチクを語ったり、時にはサックス吹いたりしてます。
本来はサックス吹きなんですが、実は私ウインドシンセサイザーも吹いてるんです!
数年前に買った当時限定カラーの「AKAI EWI4000s」を手にたま~にライブで吹いたり動画上げたりしてます。


f:id:shima_c_nagoyachaya:20161125213621j:plain

担当 宇野(うの)
プロフィール 13歳より中学校吹奏楽部でサックスを始めました。主にバリトンサックスを担当し、中学・高校では学生指揮者も担当しています。大学時はマーチングパーカッションをメインで演奏する傍ら、地元高校OB吹奏楽団にて引き続きサックスを演奏していました。同時に出身高校吹奏楽木管低音パート指導の経験もあります。大学卒業後はSoul,Funkバンドにおいてもホーンセクションとして演奏活動を行い、現在はYanagisawaシルバーソニックバリトンサックス・EWI4000sを所有し、名古屋市内の吹奏楽団においてバリトンサックスを担当しています。島村楽器管楽器アドバイザー資格取得。管楽器のことなら何でもご相談ください。吹奏楽・ジャズ・バンドなどあらゆるシーンでの管楽器ライフをサポートいたします!


ということで、管楽器フェスタと言えば「管楽器がとてつもなく沢山並んでる!」というイメージを持つ方が多いですが、実はそれ以外のお楽しみも沢山あるんですよ~
プロプレイヤーの演奏や、楽器のセミナー、リペアマンが楽器の状態をチェックする点検会など管楽器をやっている・やってみたいな~という方が楽しめるあらゆるコンテンツをご用意してます。

▼詳しくはこちらのページをごらんくださ~い!▼
www.shimamura.co.jp

ということで今回の管楽器フェスタでは、管楽器を吹いたことのある人なら一度は気になったことがあるハズ!ウインドシンセサイザー』の体験セミナーを開催します!!

Tスクエアが好きな方もOK!一緒に吹きましょう!!

f:id:shima_c_nagoyachaya:20170207183941p:plain
今回はウインドシンセプレイヤー「よしめめ」氏をお招きし、EWI・エアロフォンの解説付きデモンストレーション演奏や、EWIを使用して初めての方でも1曲吹けるようになる!?ウインドシンセセミナーを行います。イベント終了後にはウインドシンセサイザー各種の試奏会ウインドシンセプレイヤー同士の交流会かなりマニアックな質問もOKな質問会も予定しています。
当日はセミナー用のウインドシンセAKAI EWI4000sw)を複数台ご用意していますので、ウインドシンセを持っていない方でも一緒に吹いて楽しんで頂ける内容になっています。既にウインドシンセをお持ちの方はモチロンご自身のウインドシンセをお持ちいただいてOKです!(私も自分のウインドシンセ持ってきます(笑))
「初めてだけどウインドシンセに興味がある」「ウインドシンセ吹いてるけど他に吹いてる人をあまり見ない・・・」「ウインドシンセプレイヤー同士で仲良くなりたい!」などなどウインドシンセサイザーに縁のある方は必見のイベントです!!是非是非ご参加下さい!

▼前回イオンモール名古屋茶屋店での開催内容です!こちらもご覧ください!▼
nagoyachaya.shimablo.com


参加お申込みお待ちしております!!!

イベント詳細はこち

info.shimamura.co.jp

日時 2017年7月14日(金)18:00~
会場 島村楽器名古屋パルコ店 店内スタジオ
参加料金 無料
申込方法 東海地方島村楽器店舗にて受付中!店頭若しくはお電話にてお申込み下さい。
イベント担当 イオンモール名古屋茶屋店 宇野(うの)

当日ご参加の方限定の特典もご用意しております!

デモンストレーターのご紹介

f:id:shima_c_nagoyachaya:20170207162514p:plain
よしめめ

プロフィール
東京都出身。誰もが認めるEWIの知識を持ったSAX/EWIプレーヤー。13歳の時に聴いたリリコンがきっかけでウィンドシンセの魅力に取り憑かれ、以降古今東西の機種を研究する。なかでも当時から完成度の高かったEWIは初代から現行機種まで全て制覇。時代と共に愛機として一緒に歩む事となる。ライブにおいてはリードシンセによるメロディは勿論の事、生楽器の再現や一人ホーンセクション、一人フルストリングス、コードプレイ、カッティングギター、SE、ドラムセットまでEWIの可能性をとことん追求するスタイル。「森羅万象をEWIで」が座右の銘。自己のライブ活動の傍ら、プロEWI奏者や各種SNSにてユーザへのサポート、奏法・音色の公開、独自に行われる練習会・個人レッスン、啓蒙活動、雑誌への寄稿、EWIマスターブックの編集協力、ウィンドシンセ専用ソフトウェア音源“IFW”の開発スタッフ等々EWIに対しての活動内容は多岐に渡る。EWI愛溢れるトークで丁寧かつ徹底解説。
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.