島村楽器 名古屋パルコ店 シマブロ

島村楽器 名古屋パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

川口千里ドラムセミナーレポート ベーシストスタッフも思わずドラムが始めたくなりました!

f:id:shima_c_nagoya:20170612134543j:plain

こんにちは、「やすし」ことスタッフ安島です。

先日からお知らせしていた川口千里さんのドラムセミナーを6/3に開催しました!

川口千里さんについてはコチラ↓

www.shimamura.co.jp

セミナー前日

f:id:shima_c_nagoya:20170612135056j:plain

YAMAHAさんのスタッフの方が前日入りして準備をしてくれました。
ドラムセットはもちろんPAやらスピーカーやら全部このセミナーのために持ってきてくれました。
YAMAHAさんありがとうございます!


f:id:shima_c_nagoya:20170612135634j:plain

こちらは千里さんが使ってるのと同じモデル、同じカラーの『アブソリュートハイブリットメイプル 』!!

f:id:shima_c_nagoya:20170612135644j:plain

こちらはYAMAHA『DTX582KFS』にZildjanの『GEN16』を追加した電子ドラムセット!!

もうこの時点でセミナーが楽しみすぎます!

セミナー当日

私やすし初めてのアーティストイベントでかなりドキドキ。千里さんが来るまでの時間は緊張しすぎてよく覚えていません…

そしてついに…

千里さんの登場!
f:id:shima_c_nagoya:20170612141733j:plain

カエルくんも!
(※カエルくんは千里さんのお気に入りでセミナー時にはいつも持ってくるのだそう。かわいい。)

f:id:shima_c_nagoya:20170612141712j:plain


いざセミナー本番!

f:id:shima_c_nagoya:20170612185558j:plain

会場は超満員!

f:id:shima_c_nagoya:20170612182532j:plain

まず軽く自己紹介からの手始めに一曲。いきなり変拍子&超絶テク。ドラマーじゃないやすしでもわかるその超絶プレイ、参加したみなさんも一瞬も目が離せません。

f:id:shima_c_nagoya:20170612182515j:plain

最初にあいさつした時は普通にかわいらしい女子大生といった印象でしたがドラムスローンに座ると一気にアーティストの表情に。

f:id:shima_c_nagoya:20170612183713j:plain

演奏中は足元の様子がスクリーンに映し出されるようになってます。YAMAHAさんのうれしい心遣いに参加者のみなさんは千里さんとスクリーンを視線が行ったり来たり。

機材紹介

f:id:shima_c_nagoya:20170612184502j:plain

その後、今叩いていた機材の紹介をする千里さん。


f:id:shima_c_nagoya:20170612184426j:plain

一つ一つ丁寧に紹介していただきました。


f:id:shima_c_nagoya:20170612184443j:plain

続いてスネアの紹介。それぞれの違いをわかりやすく説明してくれる千里さん。
千里さんしゃべりもわかりやすくおもしろい。やすしとは大違い。途中で変な合いの手いれてスベってすみません。。。←

f:id:shima_c_nagoya:20170612185522j:plain

この距離感すごいですよね?
ライブハウスでもドラマーをこの距離で見れることはほとんどありません。

f:id:shima_c_nagoya:20170612190044j:plain

続いてはペダルの紹介。千里さんはダイレクトドライブを愛用しています。

千里さん「クセはありますが連続で踏む場合に向いています。はじめはナニこれ!!踏みにくい!!って感じでしたが、自分の好きなセッティングを見つけたらとても踏みやすくなりました!ぜひ、ココ!と思った自分のタイミングで音が出せるMYペダルを見つけてください!」

f:id:shima_c_nagoya:20170612190024j:plain

そしてスティックの紹介。
川口千里モデルのスティックは師匠の菅沼考三モデルと基本は同じ。大きな違いはグリップ部の黄色いすべり止めと千里さんの好きなヤモリのマークだそうです。
スティックのエンド側ぎりぎりを握るのだと。その遠心力を使うことで力が弱い分の音量をカバーしているとのこと。
ドラマーのみなさん、ぜひ一度お試しください!

f:id:shima_c_nagoya:20170612193143j:plain

座った時の姿勢やスローンのセッティングまで解説してもらえました。
膝の角度は90度よりやや広めくらい。背筋は菅沼考三さんの猫背と神保彰さんの背筋ピーンの中間くらいとのこと。少し高めにスローンをセットし、前傾姿勢で手数、足数を増やしているんだそうです!

電子ドラムで演奏

f:id:shima_c_nagoya:20170612194857j:plain

Youtubeでもお馴染みのあの曲をプレイしていただきました!


f:id:shima_c_nagoya:20170612194640j:plain

ドラムを始めたきっかけは電子ドラムが家にあったから(千里さんのお父さんが改造目的で買ってきた)だそうです。

f:id:shima_c_nagoya:20170612230404j:plain

千里さんもお気に入りのDTXシリーズおすすめ機能のひとつメトロノームに合っていないと音が出ない(リズムゲート)機能」をプレイ!

これはヤマハ電子ドラムにある機能の一つで、ビートに乗っていなければ音が出ない!お子様もゲーム感覚でリズム感を養えるというもの。
だが千里さんはめちゃくちゃ難しい譜面をチャレンジ!!

f:id:shima_c_nagoya:20170612195951j:plain

途中音が出ない(リズムがずれた)箇所もありましたが温かい拍手を送る観客のみなさん。
DTXシリーズにはプロドラマーも歯ごたえを感じることができる機能が満載です!

質問コーナー


f:id:shima_c_nagoya:20170612224212j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20170612224152j:plain

観客のみなさんからの質問に丁寧に答えていく千里さん。
時にはスクリーンを使ってわかりやすく解説していきます。

ファストブラスト大会!

ファストブラストとは…

DTXには『ファストブラスト』という機能が備わっている。
それは、とにかく『10秒間、全てのパッドを叩きまくり得点を競う』機能。

得点の基準は至ってシンプル。
『強く』『早く』叩いた方が良い点数となります。

千里さん曰く、コツは『とにかくいろんなパッドをバラバラに叩くこと』だそう。

その点数で競い合おうというのがこの『ファストブラスト大会』

川口千里さんのセミナーではおなじみなんです。

f:id:shima_c_nagoya:20170612231220j:plain

優勝者にはDTXのパッドと同じ素材の練習パッドがもらえちゃいます!


まず千里さんが挑戦!

f:id:shima_c_nagoya:20170612195543j:plain

結果は驚異の5万点超え!!


千里さん「さあ、次の挑戦者は…スタッフの安島さん!!あなたです!!」


なんですって…聞いてない。完全にサプライズ。

そういえば前日の準備の時にYAMAHAのスタッフさんと話ていたら…

やすし「明日のイベントを担当します安島です。」
YAMAHA「ああ次の犠牲者はキミか(笑)」
やすし「???」


このことでしたか!!


というわけで私もチャレンジ!

結果は3万点。思ったより高得点

私のサプライズチャレンジで自信を持ってくれたのか、観客のみなさん、どんどん立候補して挑戦していきます。

f:id:shima_c_nagoya:20170612232925j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20170612232942j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20170612232958j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20170612233013j:plain
f:id:shima_c_nagoya:20170612233029j:plain

結果はSさんが見事パッドを勝ち取りました!

最後にもう一曲!


f:id:shima_c_nagoya:20170612233439j:plain

千里さんはドラム叩くとき表情豊かでほんとに楽しそうでした。
そんなプレイを見ていたら、ドラマーじゃないのにドラムが叩きたくなりました!

f:id:shima_c_nagoya:20170612233850g:plain

ほんと楽しそう!
この記事を書き終えたら家のどこかに眠ってるスティック探してみます!

みんなで記念写真

f:id:shima_c_nagoya:20170612234623j:plain

サイン会には長蛇の列が…

f:id:shima_c_nagoya:20170612234509j:plain

f:id:shima_c_nagoya:20170612234524j:plain

お?このシンバルは??

f:id:shima_c_nagoya:20170612234543j:plain

セミナーで千里さんが実際に叩いていたチャイナシンバルをお求めいただきました!!

f:id:shima_c_nagoya:20170612234602j:plain

Nさん!!ありがとうございます!!!

まとめ

いかがでしたかあっという間に時間が経ってしまった本当に楽しいイベントでした!
ドラマーじゃない私もドラムを始めたくなりました!

千里さんの楽しそうな笑顔を見ているとドラマーじゃない私もドラムが叩きたくなりましたし、きっと観客のドラマーのみなさんはもっと叩きたくなったに違いないです。技術うんぬんはもちろんだがプロのプレイヤーは見ている人たちに自分もこんな風に演奏したい!!」と思わせられる人なのかなと思いました

川口千里さん今回はホントにありがとうございました!!

f:id:shima_c_nagoya:20170612234344j:plain


この記事を書いたスタッフ

f:id:shima_c_nagoya:20170509174005j:plain

やすしことスタッフ安島。
もともとベースを弾いていたが、意地悪な上司 S に無理やりドラム担当に任命された。
ドラム経験ゼロだが毎日精一杯がんばっている。
ベースも担当である。
ラーメンと水タバコとボルダリングが好き。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.