島村楽器 名古屋パルコ店 シマブロ

島村楽器 名古屋パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【11/19イベントレポート】五十嵐公太 V-Drumsクリニックツアー開催しました!


どうもこんにちは!
島村楽器名古屋パルコ店 ドラム担当のスタッフやすしこと安島(やすしま)です。

11/19に五十嵐公太 V-Drums クリニックツアーを開催しました!!!

五十嵐公太さんプロフィール

伝説のロックバンド「JUDY AND MARY」のドラマーとして活動。大ヒット曲「散歩道」「あたしを見つけて」などを作曲。
バンド解散後は、GACKTORANGE RANGE水樹奈々大塚愛デーモン閣下大槻ケンヂ、KinkiKidsほか、数多くのレコーディングやツアーに参加。
外道の加納秀人らと結成したATOMIC POODLEや辻仁成率いるZAMZAのメンバーとして海外公演なども行う。

2009年「全日本人ドラマー化計画」の名の基に観客参加型打楽器ライブ・アトラクション「ドラミングハイ! 」スタート。2015年 新バンドモノクロームを結成。精力的なライブ活動と同時に音楽大学や自身主催のMMRoomsミュージックスクールにて教鞭をとるなど、後進の育成にもチカラを入れている。
テクニックに裏打ちされた歌心のあるドラムには定評があり、熱狂的な信奉者も多い。

どんなイベント?


今や伝説となっている ロックバンド JUDY AND MARY
この度、メンバーとして活躍した五十嵐公太さんによる、V-Drums スペシャルクリニックを開催します。
V-Drums フラッグシップモデル「TD-50KV」 そして 島村楽器コラボレーションモデル 「TD-25SC-S」 の魅力を演奏やトークを交えて楽しく 紹介。
実際にレコーディングでV-Drumsを使用している五十嵐氏が、TD-50 の音作りのコツからレコー ディングのノウハウまで分かりやすく伝授します。

イベント当日の様子!

イベント開始4時間前…

五十嵐公太さんがいらっしゃいました。

早速リハーサルに入ります。

あの五十嵐さんが目の前にいらっしゃる…ジュディマリの大ファンのスタッフやすし。興奮。
じっくり時間をかけてセッティングとサウンドチェック。このクリニックにかける熱意を感じる事が出来た瞬間でした。

使用機材

TD-50



TD-25SC-S

デスクの上やペダル類



いよいよイベント本番です!

定員30名様でキャンセル待ちが多数発生するなど大盛況です!!

クリニック開始!

「自分はRolandの営業マンだから、今日はめちゃめちゃ宣伝するからね」と会場を和ませながら、一曲目がスタート!

遠くから、また画面の中でしか観ることができなかった公太さんの演奏がこんなに近くで観ることができるとは、たいへん感慨深いものです。

V-Drumの機能紹介

レコーディングでもV-Drumを使用することがあるという五十嵐さん。

ドラムのテクニックの一つ、リムショットがどれだけリアルに再現できているか、さらにはスネアドラムのスナッピーの反響音、他のドラムをたたいた時に共鳴して鳴る「ざぁぁ」という音がどこまで細かくモデリングされているかを実際に叩きながら聴かせてくださいました。

画面に音源の様子が映し出されるので、とても分かりやすいです!

あのJUDY AND MARYの名曲(その1)!!

当時のCD音源をこのセミナーのために『ドラム抜きトラック』でリマスターいただき、TD-50で忠実に再現したドラム音源で生演奏してくださいました!!

スタッフやすし&観客の皆さん…泣きそうです。

TD-25SC-Sの紹介!

島村楽器RolandのコラボモデルであるTD-25SC-S
五十嵐さん曰く「TD-25SC-Sはコンパクトながら非常に高性能!自宅で練習するならこれくらいコンパクトで使いやすいほうがよい!」とのこと!

音源を流しながら1フレーズごとにプリセットを切り替え、様々な音色に合う演奏をしていただきました!

質問コーナー

観客の皆様に事前に頂いた質問に一つ一つ丁寧に答えて頂きました!
JUDY AND MARY時代の裏話もあり、とても貴重な体験でした!

あのJUDY AND MARYの名曲(その2)!!

ラストを飾るにふさわしい最高の演奏!誰もが知っているあの名曲に自分も感動して仕事も忘れて聞き入ってしまいました!

みんなで記念撮影!


イベント後にはサイン会も…

五十嵐公太モデルのスティックやJUDY AND MARY楽譜などにサインをしていただきました!

スタッフの中にも大ファンが…

名古屋パルコ店のスタッフ宮下が五十嵐さんの大ファンでという事でサインを頂きました!

一緒に記念撮影!

五十嵐公太さん!皆様!ありがとうございました!!


この記事を書いたスタッフ


f:id:shima_c_nagoya:20170509174005j:plain

やすしことスタッフ安島。
もともとベースを弾いていたが、意地悪な上司 S に無理やりドラム担当に任命された。
ドラム経験ゼロだが毎日精一杯がんばっている。
ラーメンと水タバコとボルダリングとダーツが好き。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.